Portal:地球科学

ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィキポータル 地球科学地球科学に関するポータルです。
興味のある方はお気軽にご参加ください。

地球科学ポータル
The Earth seen from Apollo 17 with transparent background.png
地球科学 (Earth science) は、地球磁気圏から地球内部のコアに至るまで地球に関するあらゆる学問を総称した名称であり、内容は地球の構造や環境、歴史などを目的として多岐にわたる。地球に関する研究は、石炭の発掘などの実用的な目的の中で地層の層序や堆積構造などを解明する地質学が発達したことに始まるが、自然史学的な色彩が濃かったために比較的進歩は遅く20世紀になってようやく地球に対する認識が大きく進展してプレートテクトニクスの発見などの飛躍を見せた。……(続きを読む


新しい紹介を読み込む
特集
アラスカのオーロラ

オーロラ英語: aurora)は、天体極域近辺に見られる大気の発光現象である。極光(きょっこう)ともいう。

オーロラという名称はローマ神話の暁の女神アウロラ(Aurora)に由来するが、科学術語になった過程については定説がない。

この名称は17世紀頃から使用され始めたと考えられており、名付け親はフランスのピエール・ガッサンディという説があり、エドモンド・ハレーが自らの論文の中でこの説を述べている。その一方でイタリアのガリレオ・ガリレイが名付けたという説もある。当時彼は宗教裁判による命令で天体に関することを書けなかったため、弟子の名を使ってこのことを著している。

オーロラという名称が浸透する以前からも現象そのものは紀元前から様々な地で確認・記録されており、アリストテレスセネカはオーロラを天が裂けたところであると考えていた。特にアリストテレスは『気象論』で「天の割れ目(CHASMATIS)」と表現した。また、日本では古くは「赤気」「紅気」などと表現されていた。現代日本語では北極近辺のオーロラを北極光、南極近辺のオーロラを南極光と呼ぶこともある。

……もっと読む

おすすめ項目

Utmarkt Guld.svg 秀逸な記事(計4本)

Star icon containing star icon.svg 良質な記事(計21本)

Rekommenderad grön.svg まずまず良質な記事(計1本)

注目の一枚
Tectonic plates boundaries physical World map Wt 180degE centered-en.svg
プレート境界と地殻運動
  収束型境界 / Convergent boundary
  発散型境界 / Divergent boundary
  トランスフォーム断層 / Transform fault
  無分類の境界 / Plate boundaries not specified
  沈み込み帯 / Subduction zone
  造山帯 / Orogeny
  ホットスポット / Hotspot
お知らせ

ウィキポータル 地球科学は、地球科学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。特集注目の一枚新着項目などのコラムのメンテナンスはどなたでも可能です。自由に編集してください。

協力者募集中
ウィキプロジェクト
姉妹プロジェクト
カテゴリ

Category:地球科学のリスト

関連学問カテゴリ

地質学層序学堆積学構造地質学地史学古生物学岩石学鉱物学鉱床学火山学地球化学地球物理学地震学海洋学雪氷学土壌学大気科学気象学気候学自然地理学測地学地形学水文学陸水学惑星科学

関連カテゴリ

地球累層古生物岩石鉱物鉱山火山地震土壌大気気象気候地形惑星隕石

関連トピックカテゴリ

地球の構造地質作用地質調査地球史地質時代プレートテクトニクス自然災害気候変動

その他

地球科学者学会学術雑誌書籍研究所博物館天然記念物地質百選ジオパーク一覧スタブ項目テンプレート


新着項目

探す1探す2) 新規記事作成後は索引にも追加してください。

10/19: 能代断層帯長町-利府線断層帯青森湾西岸断層帯 10/10: 堆積相 10/6: 津軽地震 10/5: 佐竹健治羽後陸奥地震日光地震 10/1: 低周波地震地球潮汐双子地震 9/27: スランプ構造 9/26: 9/25: 地質年代学 9/20: 傾斜 (地質学) 9/18: 走向 9/16: 長谷川昭 (地震学者) 9/6: 走向傾斜マーク, 熊本地震 (2019年) 9/5: 地質断面図, 堆積相対比の法則, ニカラグア地震 (1972年) 9/4: アレッポ地震 8/26: 層序単元, 層 (地質学) 8/23: フォッサマグナパーク 8/22: 新発田小出構造線 8/2: 2020年ザグレブ地震 7/8: 火山ガラス(英語版から翻訳) 7/6: 宮下純夫,糸魚川のヒスイ 6/28: 南下浦断層 6/11: 記述岩石学(英語版から翻訳) 6/9: ハリー・H・ヘス・メダル 5/12: 函館平野西縁断層帯 5/9: 土壌水 5/5: 飛騨外縁構造線 4/30: 能登地震 (1892年) 4/22: 竹内章 (地質学者) 4/9: ウーチャーピンジアン, チャンシンジアン 4/8: フォーチュニアン 4/5: 大月断層 4/3: 海原地震 4/2: 太田断層 3/30: 五助橋断層 3/26: 井戸沢断層 3/27地質学の歴史 3/22: インドゥアン 3/20: アニシアン, ラディニアン 3/19: カーニアン 3/18: ノーリアン 3/17: レーティアン, T-J境界 3/12: 2020年の地震 3/8: ヘッタンギアン, プリンスバッキアン, シネムーリアン 3/6: アーレニアン, トアルシアン 3/5: バッジョシアン, バトニアン, チトニアン, オックスフォーディアン, キンメリッジアン, カロビアン 3/4: パレオディクティオプテラ遠山地震 3/3: 第三紀ハンマー 3/1: 鳥類古生物学 2/29: 瑞浪層群 2/26: 鶴川層 2/25: アルビアン, アプチアン, ハンマー (地質調査), バレミアン 2/17: サントニアン, コニアシアン, セノマニアン, 1/25: グリーンランディアン, ノースグリッピアン, メーガーラヤン, 中間圏界面 1/21: ユールストロームダイアグラム, 周氷河作用(リダイレクト起こし) 2020/1/13: タール火山

12/1: 吉母層 11/17: ボーエン比 11/16: 水収支 11/11: 後期白亜紀 10/30: 世界を騙しつづける科学者たち 10/19: 地球大気中の二酸化炭素 10/16: 日本古生物学会 10/13: ウィーン標準平均海水 10/11: グラニュライト 10/7: 佐藤暢 (地質学者) 10/6: 人新世 9/27: Δ18O 9/25: 10万年問題 9/14: ドール効果 8/27: 覆瓦構造 8/17: 岡本巌 8/9: バーゼル地震アテネ地震 7/31: 寛永江戸地震 7/30: 立川・所沢地震延宝石見地震弘仁地震文化神奈川地震慶安川崎地震正保相模の地震 7/29: 茨城県南部地震慶安川越地震 7/28: 鳥取県中部地震 (1983年)田島地震神奈川県東部地震島根県東部地震 7/25: 凍土(リダイレクト起こし) 7/19: ローソン石ゆざわジオパーク 7/9: 南アメリカ南極海嶺 7/6: 海洋大陸 6/30: マッカラーの公式(フランス語版からの翻訳)、木下貝層 6/27: 横山又次郎 6/18: 山形県沖地震 6/11: コーカサス地域の地震一覧 5/18: 清末層 5/5: 豊浦層群豊西層群阿内層 5/3: 棚倉断層 4/27: 水成論(英語版からの翻訳) 4/24: コンスタンティノープル地震 (557年) 4/18: 台湾の断層一覧 3/26: ハドソン海底谷溺れ谷 3/22: 地表水フリウリ地震 3/15: 2010年ピチレム地震 3/6: 苗場山麓ジオパーク糸魚川ジオパーク(リダイレクト起こし) 2/20: マスムーブメント(再立項) 2019/1/14: 国際地震学及び地球内部物理学協会


(過去ログ: 2019年2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2006年2005年2004年2003年

Portal:気象と気候/新着記事Portal:地理学/新着項目Portal:物理学/新着項目Portal:鉱物・宝石/新着項目Portal:災害

キャッシュをクリアする←ページ変更が反映されない場合はクリックしてみてください。